メイクを始めて20年以上経ちますが、いまだに「丁度良いアイメイク」のさじ加減に悩むことが多いです。  メイクを始めたばかりの若い頃は、流行色のキラキラしたアイシャドウパレットや、ボリューム重視のマスカラを使い、まつげパーマは毎月でしたが、今は時代の流れもあって、自分に合う色、強い目力のある目元よりもナチュラルな目元、にシフトしました。  特に、アイシャドウはどんなに素敵な色でも、イエローベースな私には合わないブルー系は避ける、不健康に見えるスモーキーな色は避ける、といった、似合う色にこだわるようになりました。  まつげに関しては、カールやボリュームや長さもほどほどにして、黒ではなく茶系のマスカラを使うようになりました。  アイライナーもマスカラと同様に茶系にして、より細く繊細なラインを引くことを心掛けてます。  まつげエクステは、まつげに負担をかけたくない、ということで、まつげパーマ同様に全くやらなくなりました。 アイメイクが中心のメイクから、リップメイクが中心のメイクに、流れが変わったから、というのもあります。  ここ数年は、ファッションにおいてパーソナルカラーや骨格診断が注目され、個人に似合う服が選ばれていることと同様に、アイメイクも瞳の色によって、似合う色を探すようなパレットが出たりと、流行よりも個人に似合う、が重視されるようになった、と思います。  このように、アイメイクは流れはナチュラルで人それぞれ、となりまして、なんとなく似合う色などはわかるようになりましたが、いまだに毎日うまくいかないのが、その濃さ、です。  目が腫れぼったい日、顔色が良くない日、とその日の体調によっても丁度良い濃さはちがうなぁ、と感じます。  薄すぎると地味、濃すぎるとケバい、同じパレットやアイライナーを使ってもうまくいったりいかなかったり。  目元のメイクは、女性にとって、一生といっても良いほどつきまとう問題で、うまくいけば1日ハッピー、うまくいかないとがっくりするなぁ、思います。  これからは、加齢によるたるみ、などの今までに無い悩みも加わってくるので、自分にとっての定番や時代の流れを押さえつつ、「若さと健康」を感じさせるアイメイクをしていきたい、と思います。